12月3日(土)今年度最後の学校説明会

9月から始まった学校説明会も、いよいよ今日で最終日。ただ現在、本校は2学期の期末考査の真っ最中。いつものように、在校生にお手伝いいただく訳にはいきません。そこで、2022年3月の卒業生4名に声を掛け、午前と午後の両方、スピーチおよび校舎案内をお願いしました。この内3人は、本校のチューターを務めています。下の写真は3名ですが、もう1名は大学の授業のため、急いでそちらに向かいました。

また、2年生1名、3年生1名も、「手伝うよ!」と声を掛けてくれました。その気持ちをありがたく頂戴して、午前の部のスピーチおよび校舎案内お願いしました。

今日をもって、全8日程、午前と午後の2部制で、合計16回開催した学校説明会が終わりました。それだけに、個人的には、正直言って、恥ずかしながら、感無量です。今年度は、約1500組の受験生にご参加いただきました。多くの高等学校がある中、貴重な時間を本校の説明会に充てていただいたこと、改めて御礼申し上げます。

受験生は今後、これまでの学習の成果、そして様々な学校での説明会の様子を総合して、志望校を決めていく段階です。二松学舎を受験されても、受験されなくても、本校とのご縁ができたこと、本当に嬉しく思います。これからも「心を育て 学力を伸ばす」二松学舎大学附属高等学校、よろしくお願い申し上げます。今日の担当も、入試広報部の車田でした。

11月19日(土)学校説明会

早いもので9月から始めた学校説明会も、残すところ、今日と12月3日(土)になりました。いつものように、ボランティアのお手伝い生徒が協力してくれました。今日は2年生11名にお願いをしました。

毎回、受験生の皆さんに好評の在校生のスピーチですが、午前の部は吹奏楽部の女子生徒、合気道部の女子生徒、社会研究部・理数科研究部の男子生徒です。午後の部は、書道部・ボランティア同好会の男子生徒、陸上部の女子生徒、合気道部の女子生徒、生徒会副会長・チアリーダー部・ボランティア同好会の女子生徒です。

消毒担当の在校生。

案内の在校生。

受付の在校生。

座席誘導の在校生(本当は4名ですが部活後に参加してくれた生徒がいるので写真は3名です)。

次回の説明会は、12月3日(土)です。いよいよ全16回のフィナーレを飾ります。この日は期末テスト期間なので、3月に卒業した卒業生にお手伝いいただきます。が、有志2名の在校生も参加してくれることになりました!いつもこと異なる組み合わせですが、ご期待ください。今日の担当も、入試広報部の車田でした。

11月14日(月)学校説明会

野球部が対帝京戦で熱戦を繰り広げていた12日(土)、学校では学校説明会を開催していました。午前の部は、いつもと順番を変え、校長あいさつの後、在校生3名にスピーチしてもらい、その後、この4人はタクシーで神宮球場に向かいます。

野球部が帝京高校に勝利した後の午後の部では、いつも通り、在校生が手伝ってくれました。

説明会では、毎回、アンケートにご協力いただきますが、嬉しいことに、在校生に対して、お褒めの言葉を頂戴します。事実、私は説明会のたびに、彼ら・彼女らのスピーチの言葉から、二松学舎の魅力について、多くの示唆や気づきを得ます。生徒から教えられるとは、まさに、このことなのかもしれません。いつもありがとう。

説明会も残り4回です。受験生の皆さん、ぜひ、二松学舎の生徒「生の声」をお聞きください。きっと高校生活への「夢と希望」が見つかるはずです。今日の担当も、入試広報部の車田でした。

11月5日(土)その1-学校説明会ー

学校説明会の後半戦が始まりました。お手伝い生徒は、修学旅行明けの2年生が引き受けてくれました。

午前の部は、書道部・ボランティア同好会・将棋同好会に所属する男子、テニス部の女子、チアリーダー部・ボランティア同好会・生徒会副会長の女子のスピーチです。特に男子は、熱く論語を語ってくれました。

午後の部です。まず入口でお出迎え。

校舎内の案内。

受付。

誘導。

そしてスピーチの4人です。

いつものことですが、ありがとうございます。

「心を育て 学力を伸ばす」二松学舎大学附属高等学校の説明会は、残り6回です。生徒の顔が見える学校の姿をご覧になってみませんか。今日の担当も、入試広報部の車田でした。

11月6日(日)学校説明会、番外編

昨日の説明会の様子はすでにブログでお知らせしましたが、お手伝いのボランティア生徒からも記事と写真の投稿がありました。特に写真を見ると、教員が撮影したものよりも、生徒の笑顔が光ます。以下、2年生の岡田さんからです!

皆さんこんにちは!昨日は中学生に向けた学校説明会がありました。今回は2年生のボランティア生徒でお手伝いをさせていただきました。大学の中洲講堂の案内や校内見学で沢山の方とお話することが出来ました。その中で多かった質問についてお応えします!

Q.学食はありますか?
A.二松学舎大学には学舎があります。コロナ前では使用することもできましたが、現在は使用できません。しかし、高校の購買ではコンビニの商品が入った自動販売機があります。生徒はそこでお昼や軽食を買ったり飲み物を買ったりしています。ちなみに電子レンジもあります。

Q.お昼はどのように食べていますか?皆お弁当ですか?
A.感染対策の観点から、お昼は各自自席に座りパーテションを設置して黙食を徹底しています。食べ終わった人からマスクを付けて休み時間になります。生徒の中にはお弁当だけでなく、購買で買ったり、登校時にコンビニで買ったものなどを電子レンジで温めて食べている人もいます。

Q.校庭や体育館はありますか?
A.本校の地下二階に体育室があります。校庭は残念ながらありません。体育の授業では、二松大学の体育館もお借りして1学期は女子が地下体でバスケ、男子が大学体育館でバレー、2学期は女子が大学体育館でバレー、男子は地下体でバスケ、3学期は皇居ランと言って持久走を行います。また、年に5回程度、柏の人工芝グラウンドでサッカーなどをします。

Q.授業はついていけますか?
A.進学コースはゆっくり基礎から生徒のペースに合わせて進めてくれるのでわかりやすいです。特進・理系コースは2年に上がると受験モードの授業になる為、受験のスピードが速くなります。しかし、どのコースであっても分からない所を先生に聞きにいけばいつでも分かるまで教えてくれます。定期テスト対策や受験対策も親身になって相談に乗ってくれて、勉強面も対応してくれます。積極的に分からないところを相談に行くことがポイントです。初めは聞きにいくのにも勇気がいると思いますが、二松の先生方はいつでも快く聞いてくれるので初めの一歩だけ勇気を出してみてください(^^)

Q.校則は厳しいですか?
A.各中学の校則の基準によって感じ方は変わります。主な校則は、通学路・校内での携帯電話の使用禁止(持ち込みは可能)、髪を染めたりメイクの禁止、制服をきちんと着るなどです。原則として高校生らしい生活を送る為の校則なので、普通に学校生活を送っていればそこまで気になることはないかな。と思います。

最後に、私が思う二松学舎高校の魅力についてお伝えします! ズバリ!どこよりも近いアットホームさ!! 校舎は狭いですが、その分、生徒同士の距離や生徒と先生の距離がとっても近くて学校生活に慣れてくると本当に親しく慣れます。休み時間や放課後には、先生同士も楽しそうに話しているのをみて生徒もその輪に入って盛り上がることもあります。そのアットホームさから先生と生徒の信頼関係も生まれて、相談などもしやすく、その相談にも親身になって聞いてくれるので信頼できる先生も多いです。もちろん、他愛もない話も沢山してくれます^_^ これが私が入学して思った1番の魅力です。

本日はお越し頂きありがとうございました。また、是非遊びに来てください! これから来るかたも大歓迎です!どんどん質問お待ちしてます! また、来年二松に来たいと思った中学生の皆さん!一緒に楽しい高校生活を送りましょう! 写真は今日の学校説明会のオフショットになります。ボランティア生徒の雰囲気はこんな感じでした〜。