8月3日(水)その2ー部活動体験(理数科研究・女子バレー・かるた部)ー

8月1日(月)と2日(火)、中学生対象の部活動体験がありました。以下、それそれを取りまとめてくださった2人の教員からの報告です。

【入試広報部:兼子】
理数科研究部と女子バレーボール部の部活動体験を行いました。 理数科研究部では保護者の方と一緒になって10円玉を塩酸で磨く実験を行なっていました。白衣を着てメガネを着けて少し緊張した面持ちでしたが、徐々に場の雰囲気に慣れて楽しそうに実験を行っていました。二松生も“教える”という慣れない行為に戸惑いながらも、一つ一つ丁寧に体験の中学生に実験を教えていました。

女子バレーボールでは、対人練習を行いました。その中で、二松生は細かく指導し、できたときはとても褒めていました。そのおかげで体験の生徒も緊張が解れたようで楽しんでバレーを行うことができました。

両者とも二松生の優しさや面倒見の良さなど良い所が前面に出たよい部活動体験だったとおもいます。体験していただいた生徒や親御さんにも大変満足していただくことができました。

【入試広報部:有賀】
かるた部の中学生対象の部活動体験会がありました。3名の中学3年生が参加されました。 最初に基本的なルールの紹介を兼ねて、先輩たちが模範として簡単にデモンストレーションを行い、初めてだという中学生の生徒さんも熱心に聞いておられました。部員たちにとっても、自分の言葉でルールを説明することの難しさを知ることができたことと思います。

また、1字決まりの札のおく場所であったり、細かいところを実際に確認しながら、やってもらいました。最後には、部員と中学校生の生徒さんに分かれて、3対3の源平戦を行い、よい体験ができたと思います。

部活動の見学や体験を通して、本校の雰囲気や生徒の様子に実際に触れていただき、本校のことを知るきっかけにしてほしいと思います。文化部も運動部もまだまだ受け付けておりますので、この夏休みに多くの中学生に参加していただきたいと思います。

8月3日(水)その1ー陸上部、頑張っています!ー

人に会えば、「暑い」という言葉しかでない日々が続いています。本校は九段下にグラウンドを持たないので、陸上部は定期的に外部の陸上競技場を借りて練習をしています。外にいるだけで体力が削られる中、さらに運動だなんて、生徒たちの若さ、元気さがうらやましい限りです。以下、部員からの報告です!

【2年F組:三田菜々子】
みなさんこんにちは! 私の所属している陸上部では、2日に江東区にある夢の島陸上競技場で練習をしました。 35度近くの中での練習はとても過酷なので、水分や休息をこまめに取りながら行いました。

今日は自主練でした。各自自分の種目に適した練習を行なっていました。 暑い中でもみんな真剣にベストを尽くした練習をしていました。この暑い夏を乗り切ればしっかり結果が出るので暑さも考えながらしっかりと練習に取り組んで結果を出せるようにしましょう!

※写真は順に競技場、先生の話を聞く様子、メニュー中の様子

8月2日(火)男子テニス部、大会報告

夏休み、多くの運動部が大会に臨んでいます。以下、顧問の古舘先生から、男子テニス部の報告です。

【テニス部】
8月1日、男子テニス部(2年生の山本・山口・松田・武田の4名)は東京都ジュニアティームテニスチャンピオンシップに出場しました。この大会は団体戦で、ダブルス2本、シングルス1本の計3試合を行い、勝者を決定します。

1回戦の相手は高輪高校の予定でしたが、相手校の棄権により本校は2回戦に進みました。2回戦の相手は調布北高校。こちらのチームは、昨年度の都大会で本戦に出場している選手がいる強豪チームです。 ボールのスピード感も違い、本校選手のラケットの振り遅れが目立ちました。必死で喰らい付き途中途中でポイントを取れたものの、全体的に相手チームのペースとなり、ダブルス2(山本・山口ペア)1-6、ダブルス1(松田・武田ペア)0-6、シングルス(山口)0-6で敗退しました。

次の試合もこのメンバーで挑むことになるので、それぞれの弱点を克服し、成長を報告できるように練習に励んでいきます。

8月1日(月)「校長だより」第17号

【感謝】
野球部が第104回全国高等学校野球選手権大会東東京大会において、優勝を飾ることができました。生徒・保護者の皆様はじめ、卒業生、野球部関係者の皆様にはご支援ご声援をいただき、心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。また、大会の運営にご尽力いただき、選手達がプレーできる機会を確保してくださった関係者の皆様にも改めて御礼を申し上げます。

決勝戦では日体大荏原高校を破り、参加141校の頂点に立ち、甲子園への出場を決めましたが、夏の大会は昨年度に引き続き連覇、春のセンバツを含めると3季連続となります。今年のチームは投打のバランスのとれたチームで打線は、どの打順からも得点がとれ、投手陣も継投により、相手打線を抑えて好投を見せてくれました。

甲子園では東東京の代表として二松学舎の名を轟かせてくれる活躍を期待し、応援していきたいと思います。

【嬉しい悲鳴】
決勝戦を見届け神宮球場を後にして学校に戻ると早速、「おめでとう甲子園出場」の懸垂幕が届けられ、さっそく校舎に掲げられました。また、保護者からいただいた横断幕も1階ホールに掲示しました。新聞社からは号外が届けられるなど勝利の余韻に浸る時間も束の間。その後、先生方と甲子園への応援体制について、確認を行いました。依然として新型コロナウイルスが急拡大している状況ですが、感染対策等を徹底して、選手の応援につなげていきたいと思います。引き続きご支援・ご声援のほどよろしくお願いいたします。

【有言実行】
「校長先生を甲子園に連れて行きます」。
4月の春季東京都大会で初めて主将の小林君と話をした際、彼が私に言った言葉です。春のセンバツに出場したばかりで、経験と自負のある二松学舎野球部主将としては、夏も甲子園出場は当然目指すべきことだったのかもしれませんが、なんて“ビックマウス”なんだろうとその時は感じました。強豪ひしめく東東京でそう簡単に結果が残せるとは…。でもやってのけたのだから凄い!!

今大会は、故障もあり十分な力を発揮できない悔しさも感じていたでしょうが、ベンチ前で緑のメガホンを片手に指示を送ったり、ピンチの際には伝令に走ったりする姿は主将としての役割を十分果たしてくれたと思います。「監督からの『自分たちのやることをやれば絶対勝てる、大丈夫』の一言で落ち着いた」と話し、市原監督からも「小林のチーム」と言わしめるなど表彰後には、しっかりと握手する二人の姿がありました。甲子園では更にチームをまとめ、結果を出してくれることを期待したいと思います。

次の写真は、優勝した日の夜の「千鳥ヶ淵灯ろう流し」です。

7月30日(土)野球部、東東京大会優勝!!

本日、第104回全国高等学校野球選手権大会東東京大会の決勝戦が行われました。二松学舎は見事5-1で日体大荏原高校に勝利し、甲子園への切符を掴みとりました!2年連続甲子園出場と二松初の3季連続出場を決めました!

【チアリーダー部:岡田さくらさん】
私はチアリーダー部として初戦から計6試合の応援を神宮球場でさせていただきました。毎試合、どうなるか分からないハラハラドキドキしたドラマが今年の夏も繰り広げられました。選手が頑張ってくれてるからこそ、私たち応援三部は何があっても選手を信じて笑顔で応援し、客席を二松ムードにすることを心がけながら応援してきました。

野球部の頑張りで、二松の夏はまだまだこれからです!これからもっと熱い夏を、今しかできない青春を思いっきり楽しみ、学校全体で盛り上げていきます! 甲子園でも二松学舎の応援をよろしくお願いします。

私たち応援三部も甲子園で応援させていただけることに感謝して野球部を全力で応援します! 「この夏も、応援したい君がいる」。

【応援引率:兼子先生】
3回裏、9番菊池くんが四球で出ると、二盗、内野ゴロで1死三塁とし、2番・中川くんの中犠飛で1点。4回裏、菊池くんの左前適時打で突き放しました。 また、エース左腕の辻くんが3回まで毎回安打を許しながらも、粘り強い投球で失点を防ぎました。6回に3点を加点したあと、7回に1点を返されましたが、2年生右腕の重川創くんにつないで逃げ切り、無事優勝をすることができました。

暑い中、生徒たちや保護者の方々の一生懸命な応援も実を結び、大変、感動した試合になりました。皆さん応援ありがとうございました。