8月30日(火)その2ーかるた部、大会報告ー

8月27日(土)、江戸川区スポーツセンターにて、 第93回全国競技かるた学生選手権大会(DE級)が開催されました。以下、顧問の八木先生からです。

今回も抽選により出場者が限定される中、2年生1名がD級に出場する ことができました。 前回の多摩大会での経験を踏まえて、経験値の高い選手にも当たり負け しないように、先週の活動では手首や腕、体幹を鍛える筋トレを行い、 文字通り悲鳴を上げながらも、気合い十分で今大会に臨みました。

初戦の対戦相手は、中学生か高校生の男子選手でした。 素振りに勢いのある選手でしたが冷静に戦うことができ、 13枚差で勝利しました。 続く第二試合の対戦相手は女子高校生で、「攻めがるた」をする強敵でした。こちらが囲い手をしても下に手を入れて札を取っていくという強気のプレイスタイルで、結果は16枚差負けとなりました。

試合と試合の休憩時間が短く、本来の実力が十分に発揮できなかったことも敗因となったようです。食事のタイミングや気持ちの切り替えなども考慮して勝負に臨むことの重要性を痛感しました。しかし今回の一勝は、試合に出られなかった部員にとっても大きな励みとなる 一勝となりました。この夏の大会で、他校のレベルの高さも知ることができたので、今後は練習メニューを工夫しながら、さらなるレベルアップを目指していきたいと思います。

8月31日(水)夏の終わり

いよいよ、この日が来てしまいました。そうです、夏休み最終日です。約40日間、私たち教職員はもちろん、このブログを見て頂いている在校生や卒業生、更には保護者の皆様を始め、受験生に至るまで、多くの思い出が形作られたと思います。

当初の私はブログの「記事枯れ」を恐れていたのですが、様々な場での在校生の活躍のお陰で、何とか乗り切ることが出来ました。この場を借りて、御礼申し上げます。

さて、以下は、夏休み期間の印象的な写真をご紹介します。これを振り返りながら、明日からの2学期に備え、眠りに就きたいと思います。明日からの9月、一緒に頑張っていきましょう!今日の担当も、入試広報部の車田でした。

【第3位:部活動体験】

ようやく中学生を迎えて、部活動体験が実施できました。2年振りです。写真はダンス部のものです。

【第2位:勉強合宿】

新型コロナ禍ですが、こちらも2年振りに実施できました。最終日の写真です。教員も生徒もホッとしています。

【第1位:東東京大会優勝直後の野球部キャプテン】

授業で、約2ヶ月振りに再会できるのが楽しみです。

8月29日(月)サッカー部、大会報告

8月27日(土)全国高校サッカー選手権大会東京都予選が行われました。以下、顧問の西條先生からの報告です。

昨日までの涼しさがウソかのような、33℃を超える、猛暑の中での試合となりました。 前半からペースを握り、立ち上がりは良い流れで試合に入ることができました。 お互い攻め手を欠く中で、前半終了間際、パスミスをカットされ、ショートカウンターから失点。勿体ない失点でした。

しかし、後半の立ち上がりから柴田(2年生)の右サイドの突破からコーナーを得ます。後半3分、浦谷(2年生)のキックから、永妻(2年生)が豪快なヘッドを突き刺し、同点! ここからは、試合がこう着状態になり、何度か惜しいシーンもありましたが、ゴールならず。 お互いの運動量も限界に達する中、タイムアップ。 PK戦に突入です。相手チームのキックを宮内(1年生)がストップするも、うちは2本失敗し、終了のホイッスルとなりました。

結果、二松学舎大附 1 ( 3PK4 ) 1 安田学園で、敗退しました。非常にタフな試合展開が、できるようにはなりましたが、決め切れる時に決められない、失点してはいけない時間帯で、決められてしまうなど、まだまだ甘さが残るのも事実です。 普段の学校生活、私生活から、何が足りなかったのかを追求し、これから再開されるリーグ戦後期、そして新人戦へと繋げていきたいと思います。

8月27日(土)部活動体験・見学会ーギター部ー

8月26日(金)、ギター部の2回目の部活体験会が行われました。 今回は以下のような流れで進みました。

① ギターの基本的説明
② 生徒の練習風景の見学及び質疑応答(学校生活について)
③ 基礎的なコードの練習と最後にセッション

全くの初心者ということで、最初は心配だったようですが、顧問のマンツーマンの指導により、 みるみるうちにコードを覚え、積極的にギターを弾くまでになりました。最後は顧問とセッションをして笑顔で見学会を終えました。写真は撮影したのですが、データが大き過ぎ、アップ出来なかったので、前回のものを再掲しました。

生徒たちは、男女仲が良く楽しく部活をやっている、勉強との両立も大丈夫、と力強く 中学生に伝えてくれました。 普段の部活の様子を見て、生徒と直接話をすることで、学校・生徒の雰囲気、実際に生徒たちが どのようなことを感じて学校生活を送っているかが伝わるかと思います。

秋から始まる学校説明会では、午前の部は授業見学、午後の部は生徒による学校案内が体験できます。 ご興味のある方はぜひご予約ください。お待ちしております。今日の担当は、入試広報部の五明でした。

8月26日(金)その1ー勉強合宿を終えてー

すでに勉強合宿の終了を報告していますが。参加生徒の1人(2年生の岡田さん)が記事を投稿してくれました。

今日は二年生文系コースの四日間について報告します!

8月21日(合宿1日目)、ついに勉強合宿スタートです!ホテルについて大広間で開校式を行いその後すぐ授業に入ります。ついてすぐの授業なのでまだ勉強スイッチは入らず教室内もふわふわした雰囲気でした。昼食を食べ自習後、その日にやった授業の小テストが行われます。ご飯を食べてスタミナもつき皆にスイッチが入りました。午後の授業からは皆の集中力も高まり1日目は良いスタートをきれました。

8月22日(合宿2日目)、個人的にはこの日が1番の山場でした。朝から小テスト、リスニング、自習がありそこからの授業というキツさです。朝から夜中までびっちり勉強づくしの辛さを感じました。皆、教室で悲鳴をあげてましたね笑特に全員が絶望を感じたの20:20〜22:00まで100間授業です。2日目の夜は全コース共通で英語でした。その授業では一人一人のレベルに合った長文が配られ全文和訳と読解でした。しかし辛いのはここから、なんとその長文全員が違う文なので周りと協力ができず自分の力のみでやるのが課題でした。さらにそのプリントが終わるまで22:00を過ぎても部屋に戻れないという過酷さでした。まさに帰れま10です笑。

8月23日(合宿3日目)、いよいよ勉強合宿も後半になりました。授業は今日が最後です。授業が終わるごとに教室から「あとちょっとだー!」「さっきのここどうだった?」などもう少しで終わる喜びの声もありながら、友達同士で授業の内容を話し合っていて自然と勉強の会話が増えてきました。3日目の100分授業は選択制で私は国語を選択しました。普段は古典・漢文の授業をしてる小門先生が教える幻の現代文の授業を受けることができました!勉強合宿に来ていなければ受けれないまま卒業するところでした。内容としては評論文と小説を行い選択肢の選び方などのコツを学びました。

8月24日(合宿最終日)、長かった勉強合宿も今日で最終日になりました。最終日は朝に90分の自習を行いその後共通英語と文系は国語、理系は数学の確認テストをそれぞれ40分間行いました。最後の自習時間では今まで習った授業を復習し教室は超集中力モードでした。無事テストが終わり感想文も書いた後の昼食休憩では皆やり切った笑顔で溢れてました。 確認テストが返却され合宿を振り返った時に、合宿前の自分と比べると遥かに学力が上がっていることに気がつきました。周りが特進コースばかりということもあり自信をなくしてしまっていましたが、自分自身と比べた時に今まで苦手だったのもができるようになり確認テストでその単元が満点を取れたりなど最後に結果となってつながりました。

この合宿を通して、コースを問わず、辛い合宿を一緒に乗り越えた絆ができました。帰る時には皆笑顔で「お疲れ〜!」と言い合う仲になれました。決して楽ではなかった勉強合宿ですが、参加するまでの自分と向き合って伸びたと自信を持って言える結果となりました。だからこそここで学んだことを今後に活かしていきたいと思います。辛かったけれど勉強合宿に参加して良かったと思えました。