9月25日(日)二松学舎祭2日目ーその2-

第2弾は、中洲講堂での各部活動の発表をお届けします。昨日も同じプログラムでしたが、写真は今日のものとなります。なお、中洲講堂とは、二松学舎の創立者である三島中洲先生の名を冠した講堂で、本校目の前の大学校舎1号館の地下にあります。受験生対象の学校説明会は、ここで実施しています。案内や受付は、ダンス部が担当してくれています。

まず吹奏楽部「二松学舎祭コンサート」は、全3曲。指揮は顧問の齋藤先生です。蝶ネクタイが光ります。いつも球場で応援を受けている野球部、そして保護者の前で演奏します。

「マードックからの最後の手紙」にはじまり、「Disney at the Movies」の14曲のメドレーで締めくくられました。保護者の方にホールでの演奏をお聴きいただく機会がめっきりと減ってしまいましたが、いかがでしたでしょうか。

そして最後は全員でお見送りです。

次にチアリーダー部「PLUCKYS 2022」は、JPOP、KPOP、洋楽など、なじみ深い曲に合わせて、彼女たちが踊ります。
3年生。

1年生と2年生。

2年生と3年生。

集合、1年生!

そして、応援同好会も加わり、「野球応援応援メドレー」。

さらにギター部「Nisho Rock 2022」が続き、5組のバンドが登場!。順に紹介します。

クラスメイトに、担任の先生も声援を送っています!

トリはダンス部「THIS IS NISHOGAKUSHA」。学年やチームが入れ替わり立ち替わり、練習の成果を見せてくれます。以下の写真はその一端です。通常の練習に加えての準備、大変だったと思います。今や野球部と並ぶ、本校の看板クラブに成長しています!

ちなみに満席の中、顧問の松澤先生も踊ります。

最後に生徒会と実行委員主催のイベントですが、私も力尽きました。昨日と違う結果のじゃんけん大会の写真でご容赦ください。この後、生徒会役員と実行委員によるダンスとなりましたが、昨日と同内容ですので、詳細は24日(土)のブログ(「まだ終わっていなかった」)をご覧ください。

最後に、準備期間を中心とする二松学舎祭のダイジェスト映像が流れました。準備と運営だけでなく、これも用意していたとは、、、。脱帽です。

以上で2022年度の二松学舎祭はフィナーレを迎えました。保護者の方だけとはいえ、お客様をお招きした文化祭は、2019年以来です。開催するに当たり、このような形式にたどり着くまで、紆余曲折がありました。悩み、苦しむ生徒会役員や実行委員会、そして、それを支える生徒会担当教員の姿を思い浮かべると、感慨深いものがあります。

本校の卒業生でもある私は、在学中、生徒会役員を務めていたことがあります。また教員として戻ってきた後、約15年前、生徒会顧問を務めていたこともあります。あの頃と比べると、新型コロナ禍での文化祭を模索する今の生徒・教員は、はるかに大変だったと思います。正直、この2日間、「自分には到底できないな」と思いながら、文化祭を眺めていました。そんな皆さんに感謝と敬意の気持ちを示し、このレポートを終わりにさせていただきます。

最後に皆で「お疲れさまでした!」

今日の担当も、入試広報部の車田でした。

9月24日(土)二松学舎祭初日ーその1ー

台風が近づく中ではありますが、何とか開催に辿り着くことができました。初日は校舎の中の様子に的を絞って、3回に分けて、お届けします。まず第1弾!!

玄関で、バルーンアーチがお迎えします。

受付で、生徒会役員と実行委員が名前を確認します。

EVで6階へ行きましょう。

美術室は、美術部「Art PG」です。作品展示はもちろん、ライブペイント、ゲームがあります。ちなみに私は110点で、景品をゲットしました!静態的な印象のある美術部ですが、アクティブな展示になっています。

PC教室では、情報通信研究部「コンピューターラボ・ゲームの館」が自作ゲームを披露しています。RPG、そして顧問作成の月面着地ゲームが皆様を待ち構えています。私の月面着地ゲームに挑戦しましたが、難しく、成功できませんでした。

図書室は、書道部の展示です。書道部の書道パフォーマンスは、第3弾でお届けします。卒業生(二松学舎大学中国文学科1年生)もお手伝いに来てくれています。

なお、音楽室では、演劇部「believe」の公演DVD放送があるのですが、時間のタイミングが合わなかったため、明日、お届します。

階段で、5階に降ります。家庭科研究部「すこやかキッチン2022」は、新型コロナ禍以前であれば、パウンドケーキなどのお菓子を販売していましたが、ここ最近は展示に切り替えています。二松学舎の校章クッキー、そして先生方の職員室在室カードを作成しています。

理科室は、やはり理数科研究部「サイエンスラボ」。顧問の「自腹コレクション」に始まり、調査報告、無菌培養、藻類の観察など、眼だけでなく、体でも楽しめる内容です。

英語研究部「English festival」は、英語を使ったクイズです。私は苦手なのでチャレンジしませんでしたが、是非、どうぞ!!

私の写真のセンスが悪く、十分に内容が伝わりませんが、ご容赦ください。今日の担当も、入試広報部の車田でした。

9月24日(土)二松学舎祭初日ーその2-

初日の報告第2弾は、4階から2階までです。

まず4階は、2年7クラスがそれぞれ自分の教室で出展です。2Aは「ふぉとすぽっと」。恥ずかしながら、撮影してもらいました。

2Bは{TOMOMATSURI}。担任の名前から取った縁日です。

2Cは「なんでも横丁」。手作りのもぐらたたきが光ります。

2Dは「D・アルガの館」。iPadとメタモジアプリを使いつつ、クイズを解きます。私も挑戦しましたが、3勝1敗。でも景品を頂戴しました。

2Eは「カジノ理恵」。ド直球の名前に担任の名前が組み合わされています。

2Fは「コカドのFacinating Land」で、迷路です。私はビビりなので、前についていきました。

2Gは「コスプレ写真館」。クラスの生徒をハイチーズ。もう自分が映る勇気はありません。

次に3階は、展示が中心です。写真部「フォトスポット」は、夏の鎌倉撮影会の様子が中心となっています。

イラスト研究部「イラスト回廊」は、日頃の制作活動の成果をまとめています。

和室では、茶道部「お茶の世界へようこ」がクイズを実施。またお点前で使うお菓子も紹介しています。例年ですと、お点前の披露なのですが、やはり新型コロナ禍で自粛が路線変更です。

同じく和室では、かるた部「畳の上の格闘技展」です。かるた部の競技に関しては、第3弾でお知らせします。

中国研究部「中国巡り」は、料理などの文化の紹介レポート。

ボランティア同好会「Let’s learn about refugees」は難民や移民についての調査報告です。特に現在のロシアによるウクライナ侵攻を鑑みると、極めて現代的な改題といえます。

2年生の展示は10月の沖縄修学旅行、家庭科の授業でのNishoお弁当グランプリの投票などが中心です。

1年生の展示はデカチュアの作品展示。普段、自分の手のひらサイズのものを巨大化しました。各クラス、食べ物、文房具など、テーマにもとづいて制作しました。

文芸部「怪盗ブンゲイブンからの挑戦状」。中を覗くと、3年生が楽しんでいました。文芸部なのに、アトラクションにも挑戦。意外性がGOODです。

社会科研究部「かるた!ジオラマ!?歴史を学ぼう」は、やはり大河ドラマの影響もあったのでしょう、鎌倉での校外活動のレポートです。

最後に2階です。ここは3年生のフロアです。

3Aは「修平祭」。修平とは、担任の名前です。野球部が輪投げに挑戦していますが、残念ながら、結果には個人差があるようです。

3Bは、キケンな「脱出ゲーム~廃校に廃校(はい行こう)~」。密にならないように、人数を管理して、一度に入れる数に留意しています。さすが3年生です。

3Cは「Jyokun fantasy」。秀逸なのは、動く的をボールキックで狙うアトラクション。人力ですが、的を動かすことがアイディアです。

3Dは自主作成動画「3Dの日常」の上映です。普段の様子がうかがえるので、保護者の方も楽しんでおられました。よかったです。

3Eは「私立二松学園~CASINO~」。コスプレも本格的で、雰囲気が出ています。

ギター部の演奏会は中洲講堂ですので、明日、レポートします。その代わり、教室では収録したライブの上映です。先生も生徒ともに聞き入っています。

4部に分けた入場のため、比較的、どの教室も人が切れず、賑わっていたような印象です。今日の担当も、入試広報部の車田でした。

9月24日(土)二松学舎祭初日ーその3-

初日の報告第3弾は、1階ホールです。なお、放送部は、このようなイベントの告知を校内放送で連絡します。

ホールには、本校卒業生の鈴木誠也選手関連の展示、そして野球部の甲子園出場関連のスペースを作りました。

また父母の会の二松祭委員さんの発案で、先生方の紹介が貼りだれました。本来はアップにして写したいのですが、近づくと写真が、、、、例年のことではありますが、お忙しいところ、お手伝いいただき、ありがとうございました。

今日の1階ホールでは、2つのイベントが実施されました。1つ目が、書道部の書道パフォーマンスです。

顧問の先生と一緒に、最後の打ち合わせ。

観覧席には、保護者の方がいらっしゃいます。

そして部員全員で力を合わせて、1つの作品を作り上げます。気持ちが伝わる良い時間だったと思います。

2つ目が、かるた部の「畳より愛を込めて」です。保護者の皆さんに見守られながら、日頃の練習の成果を披露してくれました。

最後に3人で「ハイ、チーズ」。

ちなみに例年、本校の同窓会「松友会」は、生徒会や実行委員会に対して、支援金をお渡ししています。同窓会長の大林一夫さま(33期)にご来校いただき、ホールで手渡されました。大林会長、ありがとうございました。ちなみに中学生の皆さん、ここの4人の生徒は、全員、本校の学校案内や紹介動画に登場しています。

駆け足になりましたが、以上が初日の校舎内の様子です。明日は、中洲講堂での吹奏楽部・チアリーダー部・ギター部・応援同好会・ダンス部の発表、校舎6階の演劇部、そして1階ホールでの合気道部の演武をお届けします。お楽しみに!!!

今日の担当も、入試広報部の車田でした。

9月24日(土)まだ終わっていなかった

二松学舎祭初日は、まだ終わっていなかったんです。15時30分から、生徒会と実行委員主催イベントがありました!

まず、じゃんけん大会です。実行委員長の山田くんお手製のフィギュアをかけて、参加者が熱い戦いを繰り広げました。いわゆる山田くんとの「王様じゃんけん」にはじまり、徐々に勝者が絞り込まれていきます。

残り僅かな勝者が壇上に招かれますが、その中にはなんと!校長の鵜飼敦之先生が混じっています。

しかし最後は3年生の龍池さんが勝ち残り、商品を手にしました。おめでとう、龍池さん!

次に2年生の生徒会と実行委員会によるダンスです。47歳になる私から見て、あんなに動ける生徒が羨ましい限りです。

そして最後に3年生の生徒会と実行委員が登壇します。ダンスを披露する中、5人の大人が混じりこみます。そうです。3年生の学級担任です!5人の平均年齢は約39歳ですが、練習の甲斐もあり、キレキレのダンスを踊りました。

このイベントで、正真正銘、二松学舎祭の初日は終わりを迎えました。新型コロナ禍で、在校生と保護者だけの文化祭になりましたが、随所に創意工夫が見られたと思います。今日はゆっくり休み、明日また、頑張りましょう!ありがとうございました。

今日の担当も、入試広報部の車田でした。